唯一の華が不在